廃業・売却(M&A活用)を検討|フィデリ・事業承継


事業承継をしない場合、会社の方向性として考えられるのは、 会社の廃業(解散)、あるいは会社の売却(吸収合併)となります。

会社を廃業した場合、法人格が消滅して会社の存在そのものがなくなります。 株主総会での決議によって決定された後、所定の清算手続きが終了した時点で解散は成立しますが、廃業によって利益が生み出されることはありません。

M&Aの活用によって、会社を効率良く売却する動きが増えています。
他企業の力を借りる形で組織を再編し、自己の利益も考えながら合理的な経営を図るための方法です。 場合によっては大きな売却益が入るのもメリットです。

M&Aの手法

M&Aの手法は、売却以外にも各種ありますが、会社の目的や合った方法を選んで提案することが大切です。
合併、株式の交換、会社分割、事業譲渡など・・・中には経営権を保持したままで行えるM&Aもありますので、うまく活用して有益な効果を生み出しましょう。

M&Aを成功させるためのポイント

  • ・交渉時においては、機密保持を厳守する
  • ・関係者(役員、従業員、取引先等)に公表する時期やその範囲をよく考慮する
  • ・買い手会社の調査時には、たとえ都合の悪いことであっても隠し事をしない
  • ・売り手会社の立場から支援できる、経験豊富な専門家(税理士、公認会計士等)に相談し、適切なアドバイスをもらう

事前にやっておくべきこと

  • ・企業診断によって、会社の強みやセールスポイントとなる部分を確認しておく
  • ・業績の向上ならびに不要資産の処分による 債務の軽減
  • ・経営者個人の資産と会社資産の分離による資産保有の明確化
  • ・役員等への権限委譲ならびに関連する諸規定の整備  など

経験豊富な専門家への相談

「フィデリ」では専門スタッフが、M&Aについてのアドバイスから契約成立まで
フルサポート致します! お気軽にご相談下さい!!