自分の後を継ぐ息子のことを考えて、株式の分散を抑えておきたいのですが、どんな方法があるでしょうか? |フィデリ・事業承継


Q:自分の後を継ぐ息子のことを考えて、株式の分散を抑えておきたいのですが、どんな方法があるでしょうか?

A: 相続時精算課税制度の大きな特徴は、財産評価に「贈与時の時価」が適用される点です。

自社の株式価値が、贈与時よりも相続時の方が上昇している場合には、暦年課税制度を選ぶよりも低い税率で済む可能性も大きくなり、税負担の軽減につながるメリットが期待できます。株式価値の上昇が将来的に見込める場合には、相続時精算課税制度の選択が良いといえるでしょう。

≫質問一覧へ戻る


◆ じっくり検討してみませんか?

あなたの会社には、もっと良い事業承継の方法があるかもしれません。 ≫承継方法を比較する